生まれてはじめてシェイクスピアの本を読みました。『アテネのタイモン』(ちくま文庫版)です。いやあすごい。想像していた難解さは全く無い。全体の半分以上が罵り言葉で締められているような感触。ブリティッシュ・パンク・ロックの原型はこれだったのだと思います。シェイクスピアが好きになりました。今度はハムレットを読もう。