木曜日にアマゾン社が発表したところによれば、電子ブック販売を初めて4年足らずで、今では印刷書籍を上回る売上規模になったとのこと。印刷書籍100冊に対して電子ブックが105冊の割合になったと。この割合には無料電子ブックは含まれず、電子ブックバージョンを発行していない全印刷書籍を含めた数値だという。

昨年7月時点で、アマゾン社は電子ブック版がハードカバー版の売上を超えたと発表していたが、それ以来電子ブックの売上は3倍近く伸びているという。アナリストの話では、米国内電子ブック市場のおよそ2/3をアマゾン社が占めているとのこと。

(source: AP通信