荻窪『二葉』の背脂煮干しつけ麺(800円)

荻窪『二葉』の背脂煮干しつけ麺(800円)

 風の強い日曜日。自転車で一人、杉並方面へ疾走。目指すは荻窪の名店『二葉』。4年前くらいに天沼店で食べたっきりでしたが、天沼店は別のラーメン店になり、『二葉』は荻窪駅に近い場所に移転していたことを知りました。

今回食べたのは『背脂煮干しつけ麺』(800円)。背脂系のつけ麺というのもユニークながら、驚いたのはその自家製麺。きしめんの2倍くらいの幅で、プリプリしてます。つけ汁は見た目に反してソフトで、煮干し風味はあくまでしつこくない、塩辛くもない、旨味が爽やかな優しい口当たり。無化調の面目躍如のような深い味わい。麺の量はディフォルトで200グラム程らしいですが、幅広でボリューム感があり、タップリ味わえます。麺を食べた後にはスープ割で、さらに無化調出汁の旨味を堪能しました。美味しかった!