大宮大勝軒

大勝軒といえば池袋大勝軒のつけ麺だけが注目されがちですが、その元になった中野大勝軒や、永福町大勝軒という系列も忘れてはいけません。

そんなわけで、大宮大勝軒です。永福町大勝軒は15年以上前に一度行ったきりですが、巨大なお椀に大盛りラーメン、激熱の煮干しスープが記憶に残りました。その後10年前に大久保の永福町系名店、『目時商店』(めとき)で美味しくいただいた経験の後、永福町系大勝軒はご無沙汰でした。久々の永福町系大勝軒ラーメンが食べられるとあって、緊張しながら大宮大勝軒で「中華麺」(750円)をいただきました。例によって熱々のスープ、巨大なお椀、細い縮れ麺、ナルトにメンマにチャーシュー、ふくよかな煮干し風味の油が浮いたスープを味わいました。お腹いっぱいです。