年金情報大量紛失発覚以来、日本政府の年金管理システムは信頼性が乏しいですが、今回は職員PCに電子メール添付ウィルス感染で年金個人情報が大量漏洩という大事件が発覚。しかも報道から推察すると、ウィルス感染が先月8日、その後19日に警察に連絡するまで複数PCの感染を許し、そのままネット接続状態だったらしい。危機管理意識のなんと低いこと。呆れて物が言えません!10月からマイナンバー制度が始まるそうですが、さらなる個人情報漏洩の危険を警戒せずにはいられません。