令和になっても過去は変えられません。ましてや自分というものが何か元号と共に変えられるものでもありません。しかし、熟考しつつ未来へ向けて少しづつ良い方向へ歩むことはできると思います。私はそのように生きます。