日本電子計算が運営する自治体向けIaaS「Jip-Base」が12月4日からシステム障害、同システムを利用する全国約50の自治体で行政サービスが影響を受けているとのことで、東京都中野区も行政サービスがストップして8日が経過、現在も区の公式ウェブサイトが閲覧できないほか、医療保険関連手続きができない状況です。(⇒詳細)しかしこの中野区側の対応、ちょっと妙なんです。まず第一に、区の公式サイトはアクセス可能なのに謝罪テキストが表示されるだけの状態が続いています。一方で中野区図書館のサイト上に中野区公式サイトへ掲載されるべき情報が刻一刻と更新されているのはなぜでしょう?この内容を公式サーバー上に掲載するのは技術的に困難ではないはず。一方で中野区公式TwitterFacebookでは最新情報を発信している様子なのに、中野図書館上の最新情報にSNS情報が掲載されていないのはなぜ?