最近の中野区・新井薬師駅前では、アジア系の人たちが次々とお店をオープンしており、様々な国の料理が食べられるようになってますが、とりわけ凄いのがインド・ネパール系のカレー店。駅の南側には『カリカ』、その裏には『ザ・タンドール』、信号を挟んですぐの場所に『タジマハール』、さらに南下して新井薬師商店街には『南印度ダイニング』と、目立つだけでも4店あります。

さて今回は、同じく新井薬師駅南口から歩いて1分ほどの場所に新たにオープンした『ダカ インドレストラン(DHAKA INDIAN RESTAURANT)』のカレーを昼食用にテイクアウトしました。そもそも、昨日『カリカ』のカレーを買いに行ったんですが休業で、そのすぐ前でアジア系の人が配っていた割引チケット付きチラシに釣られての初訪問でした。(このあたり上手なマーケティングだと思います)その際食べたキーマカレーが美味しかったので、本日再訪したわけでした。

今回注文したのはランチメニューの「ナン付きダルカレーセット」(650円)です。セット内容はカレー、サラダ、サフランライス、ナンです。さらに配布されていたチラシに付いている100円割引チケットを利用したので、今回の値段は550円でした。かなり安いですね。写真は持ち帰った後、器を入れ替えた状態で撮影。
ダルカレーセットをテイクアウト

さて、この店の一番面白いところは、カウンター席の目の前でナンを焼いてくれるところ。注文するとすぐ、シェフはよく練られた白いナンの元を手に取り、びょーんと引っ張った後でピザ職人のようにクルクル回し、さらに角を引っ張って三角に形を整え、専用の大きな釜(タンドール?)の中に入れます。この手順を手際よく、しかも素早く行う若いシェフに感心しました。注文してからあっという間にナンが焼き上がります。(ちなみにナン単品は300円)この店のナンは油分が少なく、キメ細かくて柔らかい口当たりで、サイズは巨大ながらあっという間に食べてしまいました。
焼きたてのナンが美味

肝心のダルカレーですが、豆の旨みが良く出てコクがあり、しかもディフォルトでかなり辛めの味。それが最近の暑さにピッタリの辛さで、大変美味しく頂けました。値段を考えると相当お得なランチメニューだと思います。

お店のオープンは今年4月頃だったようですが、今のところランチタイムでもほとんど客がいないみたいでした。(これは駅前で展開する他のインドカレー店も似たような状況です)。真夏にパソコンで仕事していると、週に2回はカレーが食べたくなりますが、この店は最有力の選択肢になりそうです。

『ダカ インドレストラン(DHAKA INDIAN RESTAURANT)』
東京都中野区上高田3丁目19番3号 わたきビル101号
Lunch Time 10:00 – 15:00
Dinner Time 17:00 – 23:00