若者向け衣料ブランドとして人気のGAP社が、今年10月からブランドロゴを新デザインに変更、公式サイトで披露してまもなく、twitterや他コミュニティサイト等オンラインユーザーが「デザインが酷い」と批判、大きな騒動に発展していた件で、GAP社側は事態を重く見て旧デザインのロゴに戻す予定であると報道陣に語っている。

ネット上では「子供が素材集から寄せ集めてデザインした」「マーケ担当者は酔った勢いでロゴを変えた」など新デザインのロゴをこき下ろしており、twiiter上では新ロゴをネタにしたアカウント(@gaplogo)が登場するなど、GAP社が『進化』を謳い社運を賭けて取り組んだ新ブランド戦略は総じて不評だった。新ロゴのデザインを担当したニューヨークのエージェンシーは今のところ沈黙している。

(source: Ad Age