ニューヨークの新興ITマーケティング企業LiveIntent社が、電子メール広告をユーザーが読む場所と時間に合わせてコンテンツを変更するシステムを開発したとの報道。HTMLメールに特定のHTML5タグを埋め込み、読者がメールを開封した際に広告配信サーバーへ接続し、読者の位置情報(IPアドレス)とアクセス日時を取得して最適な広告コンテンツを配信する仕組みとのこと。

(source: ClickZ