googleが地域に関する検索に対して表示する新たなテキスト広告枠「Boost」を試験的に導入した。

Boostは地域に関わるキーワードが含まれた検索の結果表示の際、スポンサー枠に表示されるもので、企業名、住所、電話番号、ウェブサイトアドレス、さらにユーザーレビューが枠内に表示される。広告の設定には企業情報を入力するだけで済み、アドワーズなどで要求される特定キーワードを設定する必要がない。

googleはBoost枠をサンフランシスコ、ヒューストン、シカゴの3都市のみで試験展開しており、効果を評価して他地域に展開を検討するという。

(source: ClickZ )