米玩具最大手のトイザらスが、米国内全店でモバイルユーザー向けのクーポンサービスに光学バーコードスキャンシステムを導入したと発表。同様のシステムは今年5月に全米小売チェーンのターゲットも導入している。

トイザらスの導入したサービスのポイントは、モバイル用クーポンメールにバーコードを加えたところ。メールを受信した顧客は、トイザらス各店で買い物をする際、レジで携帯端末に表示されたクーポンメールを提示すると、会計担当者はレジ据え付けのバーコードスキャナーでメール内バーコードを読み取り、クーポン割引が適用されて精算される仕組み。

通常POSレジで使用されるバーコード読み取り機はレーザー式のため、電子端末の画面では反射して読み取ることができない。トイザらスの導入した新システムでは光学式なので、液晶画面上の2次元バーコードも読み取ることができ、従来のレジ会計を煩わせることなくサービスを提供できる点が画期的。米国でもスマートフォンユーザーは爆発的に拡大しており、バーコード付きメールクーポンを導入する小売チェーンも増加する見込みだ。

(source: internetRETAILER