世界中に5億人のユーザーを抱える世界最大のSNSサイト、フェースブックが月曜日に予定する新サービス発表会で、@facebook.com アドレスが利用できる新電子メールサービスを開始すると匿名の関係者が伝えている。

米国ではすでにネットユーザーの利用時間及びアクセス数でグーグルやヤフー等ポータルサイトを上回るフェースブックだが、すでに運用しているチャットサービスに加えて、新たに電子メールサービスまで追加することは、同様のメールサービス(Gmail)を抱える巨人グーグルにとってますます脅威となる可能性がある。検索エンジンとしては覇権を誇るグーグルだが、コミュニケーションポータル分野では、2009年に鳴り物入りで登場させたグーグルウェーブを、2010年8月には早くも開発中止表明するなど、フェースブックに大きく遅れをとっている。すでにグーグル側は、Gmailユーザー情報をフェースブック側から参照できないようにサービスポリシーを一部変更してフェースブックに対抗している。

(source: NYtimes Bits blog