クーポン共同購入サイトのLivingSocialが先月19日にアマゾンと共同プロモーションを行い大成功した件の巻き返しを狙い、業界最大手のグルーポンが米書店チェーン最大手バーンズ&ノーブルの商品券20ドル分を10ドルで販売中。

LivingSocialとアマゾンの共同プロモーションでは、購入者130万1,296人で1,300万ドルの売上を記録し、それ以前の記録だった昨年8月のグルーポン・ギャップ社共同プロモーション時売上記録である1,100万ドルを超えた。

両社は米国内で最高額の広告枠であるスーパーボウルのテレビCMにも揃って出稿している。スーパーボウルのCM視聴者数は推定1億人。

現在の米国内クーポン共同購入市場シェアでは、グルーポンが58.5%、LivingSocialが25%を占めている。

(source: ClickZ