米クーポン共同購入サイト最大手のグルーポンが、老舗の生花販売チェーンサイトFTD.comと共同で、2月9日から3日間、バレンタインデー前の花束大特価クーポンキャンペーンを実施。40ドル分の花を20ドルで購入できるとの売り文句だったが、FTD.comで通常10%オフで購入できる花が、グルーポン経由リンクで購入する際は10%オフがなくなるという仕組みになっており、購入者らが激怒、オンラインフォーラムであっという間に問題が伝搬され大トラブルになった。グルーポンとFTD.comはクレームに対応し、10%オフを有効にしたが後の祭り。グルーポンは顧客当てに謝罪文を掲載し、払い戻しに応じることになった。グルーポンはつい先日にも全米で1億人が視聴するというスーパーボウルCMで、チベット問題を外食クーポンに絡めて宣伝に利用し、批判されたばかり。

(source: ClickZ