全米中小企業ネットワークMerchantCircleが8,456社を対象に行った最新調査によれば、クーポン共同サイト利用に関する調査に回答した6,874社のうち、23%がグルーポンやLivingSocial等クーポン共同購入サイト『本日の特価(daily deal)』に出稿経験があり、そのうち約55%は次回そうしたサイトに出稿する予定はないと回答。クーポン共同購入サイトに対するマーケティング上の満足度が総じて低いという事実が明らかになった。

一方でフェースブックをプロモーションに利用する企業はおよそ70%で、前年の50%から急上昇し、グーグル地域広告利用割合の66%を超えた。フェースブックのプレイス広告枠への出稿経験がある割合は32%。12%は次回GPSベースの広告に出稿予定があるという。

(source: ClickZ