年金情報消失事件、芸能人年金情報覗き見事件など深刻な不祥事が記憶に新しい日本年金機構で、新たに偽装メールによるウィルス感染+不正アクセス+年金情報125万件漏洩が発覚した件で、同機構内部で日常的にずさんなデータ運用が行われていたことを伺わせる報道が続いています。年金データにパスワード設定がされていなかったり、ネットに繋がっていない基幹システムからネット接続されたLAN上のローカルサーバーの共有フォルダに個人情報の一部を移動し保管したりと、かなり各職員が自由にデータの移動を行っていた疑いがあります。日常業務の作業手順規定とか、DBサーバーの運用規定とか、普通は厳格に設定されていると思うのですが、どうなんでしょう??しかも警察が漏洩事実を確認する以前に、すでにネット掲示板で漏洩事実が知れ渡っていたという話も国会で出ているようです。不正アクセス犯人にデータ確保を交換条件に金を要求されたり、偽DMで詐欺に使われたりする危険も極めて高い・・・

こんな状況でホントにマイナンバー制度を予定通り開始するのでしょうか?