新型コロナウィルス感染対策で、あちこちのスーパーや量販店が営業時間を短縮していますが、「感染対策」を謳うならば逆効果ではないかと感じます。実際、短縮営業しているスーパーは以前よりもずっと混雑するようになりました。一方で西友スーパーは24時間営業を続けていて、同社が唱える通りに「来店客の分散」効果が出て空いています。政府はスーパーに営業支援金を拠出して、営業時間拡大を促すべきではないかと思うのです。